稲城市

フジ整体の紹介

お知らせ
施術の
紹介
 

​痛くないソフトな整体

当院では、主にSOT (エス・オー・ティ)仙骨後頭骨テクニックと言う技術で皆様を施術いたします。

カイロプラクティックの中でも特にソフトな手技ですが、

痛みや不調に対して高い改善率を実現しています。


痛くないソフトな施術で行いますので、お子様からご年配の方まで安心して受けられます。しかも、マッサージのようにその時だけの緩和ではなく、しっかりと原因から調整していきます。

 「健康な状態が維持できる身体を作る」

ということを目指していますので、下記のような患者様にとっては最適な整体院であると自負しております。

1.痛みや不調を本気で良くしたい。


2.今まで色々な所に行ったが良くならなかった。


3.健康な状態が維持できる身体を作りたい。

フジ整体ではより健康にという事で、症状だけでなく、

以下の3つの流れを改善していきます。

1、血液の流れ
全身に栄養と酸素を運ぶ重要な流れです。


2、酸素(空気)の流れ
血流が良くなっても、取り込みが弱いと何にもなりません。深い呼吸に改善させます


3、神経の流れ
脳からの指令を全身に伝達する役目があります。

脳脊髄液までの調整を行いますので脳や神経自体の活性化になります

SOT

SOT(仙骨後頭骨テクニック)とは?


エス・オー・ティーと言って英語の仙骨(sacrum)後頭骨(occipital)テクニック(technique)の略称です。

一般的なボキボキとする手技は全身を大まかに見て、3か所程度を動かして終わらせるのに対して、SOTでは頭から骨盤までのすべての骨を1本の線のように考えて、まっすぐにするように調整します。


ボキボキするカイロとは対象的に、ソフトカイロプラクティックの最高峰と呼ばれています。

1925年にドクター、ディジョネットによって創始されました。

ソフトカイロプラクティックというだけに、施術は非常にソフトで、SOT独特のクサビ形のブロックを使い、ご自身の体重により骨盤のねじれを矯正しますので、身体に余分な負担が無く安全ですから、乳幼児からご年配の方まで安心して施術を受けられます。

この手技が開発された時がカイロプラクティックの絶頂期で現在使われている技術はほとんどこの時期に作られました。

その後アメリカではカイロも保険が使えるようになり、効果のある手技よりも、短い時間で行える手技がもてはやされてしまい。
残念ながらSOTを行う病院は少なくなっているそうです。
そういう意味では、日本のほうがこの手技は盛んになっています。

<SOTと他のカイロプラクティックとの違い>

本来持っている機能を正常にさせるために神経の働きを阻害する、障害を取り除くがカイロプラクティック、

さらにSOTでは仙骨後頭骨の動きを回復させ脳脊髄液の循環と産生を改善することによって神経機能を高めることが出来ます。

カイロプラクティックは根本療法であると言われていますが、マッサージするよりは筋肉を緊張させている歪みを矯正する事が出来ますので、根本的と言われています。

しかし、一般のカイロプラクティックのように触診やレントゲンで動きの悪いところや曲がったところをボキッと矯正しても、
その歪みを起こしている原因を取り除かなければまたすぐに歪みは起きます。

SOTはその原因、またその原因の原因というように新しい問題から古い問題を徐々に取り除いていけますので、他のカイロプラクティックと比べてより根本療法であると言えるのです。

また、他のカイロプラクティックは構造を整えることによって機能を改善するのに対し、SOT は機能から構造へアプローチすることも出来るので無理のない効果的な治療が可能です。


< 1 > 体が教えてくれると言う。優れたインディケーター・システム !

SOTの重要な原理は、各インディケーター(身体に出るサイン)によって指示された部位のみを必要とされる最小限の力で矯正することです。

通常他のカイロプラクティックやオステオパシーでは施術者の判断でどこを矯正するか決めますが、SOTは患者さんの身体が今どこを治療してほしいか教えてくれるのでそれに従って治療するのです。

体は常にどこか一つだけ今一番治療して欲しいところをインディケーターで示します。そこを治療するとまた別のインディケーターが出てきて次から次へと治療を誘導してくれるのです。治療家の主観や思い込み治療にはなりにくいですので、失敗がありません。

しかしそのインディケーターを感じ取るのが難しく、使いこなすカイロプラクターが少ないので、主として使っている整体院が少ないのです。


< 2 > タイムマシーン機能を持つ診断ツール!カテゴリー・システム !

もう一つの重要な特徴は、論理的で効率的なカテゴリーシステムによって診断と治療が行いやすくなっていることです。

カテゴリーは3つに分類されますが、矯正のためのサインと症候にそれぞれ特徴づけられていて、そのサインに従って使うテクニックが決定されます。

カテゴリーとは簡単に言うと「老化」のレベルの違いを指すものです。

基本的に人はカテゴリー1で産まれ成長とともにカテゴリー2、カテゴリー3へと退行していきます。

治療はカテゴリーを3から1へ逆行させていくのですが、カテゴリーとは慢性的な問題であって症状や痛みとはあまり関係ありません。

ですから体調を整えたり症状を改善するだけであれば、必ずしもカテゴリーを変える必要はありません。

ただ、より健康になりたいとか、よりポテンシャルの高い体にしたい場合は、痛みや症状が落ち着いた後にカテゴリ-を変えていく必要があります。

他のカイロプラクティックやオステオパシーでは、基本的にカテゴリーを変えるような治療がありませんので、言わばアンチ・エイジングができる施術という事になります。


< 3 > オステオパシーから受継いだ『第1次呼吸メカニズム』!

SOTにあって、他のカイロプラクティックにない最大の特徴はCSF(脳脊髄液)の循環の改善です。

実はこのCSFの循環の改善こそがSOTの最大の目的なのです。

これはオステオパシーの理論ですが、第1次呼吸メカニズム(第2次は肺呼吸)によって頭蓋から骨盤までCSFが循環しています。

このCSFが滞留したり生産が減少したりすると神経に栄養がいかなくなるので神経の働きが悪くなり、自然治癒力が機能しなくなります。

そのCSF循環の原動力となる、仙骨、後頭骨とそれをつなぐ脊骨の動きを改善させればよいという考えで、
これが仙骨後頭骨テクニックの、名前になった由来です。

稲城市東長沼529 高野ビル2階

JR南武線 稲城長沼駅前

 

受付時間 AM10:00~PM1:00 PM3:30~PM7:20

月曜・木曜休み

電話 042-379-6973